​スタッフ紹介

大上  祐司    YUJI  OUE

施設長

有資格:理学療法士

YouTubeでの治療動画はこちらから⬇︎

profile.jpg
IMG_3703.JPG

私は、成人を中心とした神経系疾患(脳梗塞、脳出血など脳血管障害、脊髄損傷・梗塞などの脊髄疾患、ギランバレー症候群など運動ニューロン疾患、パーキンソン病や脊髄小脳変性症)など回復期、維持期、訪問リハ、また脳性まひを伴った小児のリハビリテーションなど幅広くキャリアを積んできました。その中でたくさん臨床経験を積み、患者さまの可能性の高さを目の当たりにし、サポートしたいという思いを強く感じました。

そして、2018年、2019年にはイギリスの研修に参加し、海外のセラピストと意見交換をしながら患者様を治療するなど多くの経験をし、ご利用者様へ還元できるよう自己研鑽に励んでいます。

今後も、『臨床×学術活動×セラピストの卒後教育』​を行い、私自身が知識と技術を高め、そしてご利用者様の潜在能力を十分に引き出していくためのサポートを行なっていきます。

​経歴

2010年 理学療法士免許取得

2010年 大阪暁明館病院リハビリテーション科勤務

2014年 森之宮病院リハビリテーション部勤務

2018年 Optimise Neurotherapy Centre (イギリス)にて研修

2019年 Walker Gate Park Hospital (イギリス)にて研修

2021年 NEUROスタジオ  開設  施設長就任  

研究業績

2012年 第52回近畿理学療法学術大会 ポスター発表

2017年 第7回日本ボバース研究会学術大会 口述発表

2018年 第8回日本ボバース研究会学術大会 口述発表

2019年 第9回日本ボバース研究会学術大会 口述発表

2019年 第17回日本神経理学療法学会学術大会 ポスター発表  

​ジャーナル投稿

​大上 祐司, 『Sit to Walkの効率的な運動遂行を獲得するために臨床推論を行い改善が得られた1症例』ボバースジャーナル42巻第2号, 2019,147-151.

大上 祐司, 『被殻出血後7ヶ月経過し、屋外歩行自立に向けて挑戦した1症例』ボバースジャーナル42巻第2号, 2019,174-178.

西澤  礼  
​AYA NISHIZAWA

有資格:理学療法士

​経歴

長野県出身

2014年 理学療法士免許取得

2014年 JA愛知厚生連 渥美病院 リハビリテーション科勤務

2017年 ボバース記念病院リハビリテーション部勤務

2018年 森之宮病院リハビリテーション部勤務

2019年 Bobath基礎講習会(森之宮病院にて)修了

2022年 日本理学療法士協会 脳卒中認定理学療法士取得

2022年 第605回臨床実習指導者講習会修了

2022年 食生活アドバイザー資格取得

2022年 Bobath上級講習会(STROKE LABにて)修了

2022年 NEUROスタジオ 常勤勤務

YouTubeでの治療動画はこちらから⬇︎

 はじめまして。理学療法士の西澤 礼です。

 私はこれまで、急性期〜維持期リハビリテーションを担う総合病院で幅広く携わり、大阪のボバース記念病院、森之宮病院にてリハビリ知識や専門技術を学んで参りました。中でも、神経系疾患(脳血管障害、パーキンソン病、脊髄小脳変性性、ギランバレー症候群、脊髄梗塞 等)、循環器内科、整形疾患を患った方々の在宅復帰や社会復帰を目指して真摯に向き合い、皆様と一緒に歩んで参りました。

 

 〜NEUROスタジオに入職したきっかけ〜

 入院中の患者様と関わる中では、外来リハビリ終了後に行き場を失う声の多さや、退院後のリハビリ継続における「質の担保」に対し、不安の訴えを多く聞いてきました。当時の不甲斐ない経験から、想いを形にできるNEUROスタジオに入職したことで、「退院後も安心して過ごせるようになった」「退院後もこんなに身体の変化があった」「こんな施設があってよかった」と、心からご満足いただける関わりをさせて頂くことができました。

 今後は自身の経験を活かして皆様の「これから」に寄り添い、誠心誠意お力添えをさせて頂ければと思っております。また、昨今リハビリの知見が増えていく中で私自身のアップデートを怠らず、講習会での療法士教育や学会発表を通した自己研鑽を重ね、常に発展的な姿勢で過ごして参ります。どうぞ宜しくお願い致します。

研究業績

2020年 第32回大阪府理学療法学術大会  ポスター発表

2021年  第60回近畿理学療法学術大会  ポスター発表

2021年  第10回日本ボバース研究会学術大会  口述発表

2022年  第59回日本リハビリテーション医学会学術集会

                 口述発表